スポンサーリンク

妻が妊娠したら夫がやるべき事、知っておくべき事

 

とある日仕事から帰ると・・・

 

 

妻「大事な話があるんだけど・・・」

ぽ「どうしたん?」

妻「私・・・妊娠したかも・・・検査薬が反応した」

 

と、検査薬を見せてもらうと少し薄めではあるが確かに線が入っていた。

 

ぽ「よかったやん、でもまぁまだ確定ではないからしっかり病院行って検査して確定するまでは喜ぶのは待とうか」

妻「分かった」

 

という感じで5週目くらいで1度病院へ行き、赤ちゃんは見えなかったものの赤ちゃんの袋(胎嚢)が確認でき、8週目くらいで本当にちっちゃなちっちゃな赤ちゃんが確認できました。

 

 

そして現在は今のところ順調に成長中です!

( ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭

 

 

ここまでで私が経験した事や調べたりして分かった事が色々ありました。

 

なので今回は・・・

 

 

妻が妊娠したら夫がやるべき事、知っておくべき事を書いていきます!

⚠️ただし人によって症状など個人差があり、正確にこれをやれば大丈夫!・・・ということではありませんので参考程度に見てください!

( 」゚Д゚)」

 

 

1  素直に一緒に喜ぶ!

妊娠報告を受けたらまずは一緒に喜びましょう!

今の妊娠検査薬は正確なのでうっすらでも線が入ったらほぼほぼ妊娠しているとみて良いです。

ですが、喜びすぎも注意が必要です。

妊娠初期は流産の可能性もあり、流産の場合でも妊娠検査薬は反応します。

しかし最初の方の流産はほとんどが胎児の染色体異常(遺伝子異常)なので、受精卵の段階で流産の運命が決まってしまっています。

なのでもし流産してしまうとしても妻にも夫にも責任はないので悲しまないで下さい。

受精してきてくれた胎児にも、少しの間でも自分たちのもとに来てくれてありがとうという気持ちでいましょう。

 

とはいえ最初から流産の心配ばかりしても精神上良くはないので素直に喜んで、検診に行って結果を確認してから精一杯喜びましょう!

私の場合は冷静すぎて後から妻に嬉しくないのかと思ったと言われ、素直に喜べば良かったなと思いました。

(´-ω-`)

 

 

2  妊娠中の症状を知っておく!

妊娠がわかったら夫はまず妊娠中の妻の症状を知っておきましょう!

これはかなり個人差があるようで、つわりの症状も期間も人によって違います。

 

主なつわりの症状はこちらです。

 

①吐き気

②においに敏感になる

③食の好みが変化する

④眠気

⑤ちょっとしたことでイライラする

 

この辺りが特に多く出る症状の様です。

妊娠中はお腹や胸が張って痛くなったり、便秘になりやすくなったり、歯周病や貧血、腰痛になったりなど色々な症状が出る場合があります。

妊娠初期に少し出血する場合がありますが、着床出血といって着床した際に出血することがあります。

(着床出血がない場合もありますが、ないからといって必ずしも妊娠していないわけではありません)

これは人にもよりますが普段の生理と違って量が少なく期間も短いですので、不安に思わなくても大丈夫です。

しかし出血の量が多かったり期間が長く続いた場合はなんらかの異常がある可能性が高いので、早めにお近くの産婦人科までいってみてもらいましょう!

 

見ているだけでは妻の症状は分からないので、必ず妻に今起きている症状等を確認して一緒に対応していきましょう!

 

 

3  飲酒、喫煙を控える!

妻はもちろん夫も飲酒と喫煙は控えましょう!

夫婦そろってお酒大好き!という家庭ももちろんあるとは思いますが、妊娠が分かったらあかちゃんのためにも控えましょう!

喫煙もできれば禁煙するのがベストですが、無理に禁煙してストレスをかかえて妻と喧嘩する等起きてしまう場合には、妻の近くはもちろんにおいや煙が届かない外までいって喫煙しましょう。

においは衣服にも付きますので時間をおいたりしてにおいがわからなくなるくらいにしたり、職場だけで吸って家では吸わないなどの対策を考えましょう!

( 」゚Д゚)」

 

 

4  妻の承諾を得てから直接仕事の指示等を出す上司にだけ報告しておく!

(これは人にも職場の環境にもよります)

妊娠が分かった時、妻は病院に行くまでかなり不安がありました。

他の方も同じくらい不安な状態が続くと思います。

夫は仕事が大変かもしれませんが、出来れば妻の不安を少しでも和らげるためにも検診は一緒に行ってあげた方が良いです。

しかしもちろん仕事の都合もあるので会社には休みを貰わなければいけない場合もあります。

まだ安定期にも入っていない時期に会社に報告するのもどうなの?って思うこともあると思いますので、直接仕事の指示を出す上司にだけ伝えるのが良いと思います。

もちろん妻の確認をとってからです!

妻としても早めに報告して流産してしまった場合、悲しい報告はしたくないという気持ちがあったというので、そこは妻とよく相談して決めましょう!

 

 

5  些細な事でも気をつける!

妊娠初期は夫が特に些細な事でも気をつけていくことが大切です!

妻も最初のころにまだ体調もそんなに悪くなかったので、いつもの癖でスーパーの買い物が終わって車にのせる時に重いものを持とうとしたりするなど何回かありました。

まだ体調が良いといつもの感じで動いてしまうことがあるので夫はそのあたりをきちんと気をつけて見ておきましょう!

妻が少しでも体調が悪そうな時は、普段は分担してやっている事でも自分で出来ることはやっていくのがよいでしょう。

つわりが酷くなり動けなくなってくると、精神的にも良くなくなってしまい、家事が出来なくて申し訳ないと思ってしまいます。

実際妻に言われた事もありました。

そんな時は優しく接してあげて

 

「今妻はつわりで辛い思いをしながら、お腹の中で頑張って大事な命を育ててるんだから家事くらい出来なくても良いんだよ?申し訳ないなんて思わなくていいよ!むしろご苦労!ってくらいの軽い感じでいいんだよ!」

 

というような言葉をかけてあげて下さい。

妊娠中には妻に色んなストレスが迫ってきますので、少しでも夫が和らげれる様な接し方が大切になってきます。

 

 

6  自分自身も無理をしない!

これも重要です!!!

妻に優しく接してあげるのも大事ですが、自分自身も無理をしないことです!

( 」゚Д゚)」

自分が無理をしすぎて体調を崩したり倒れてしまったりしたら妻を助けてあげられません!

仕事でも家でも無理しすぎないようにすることと、今はコロナ禍というのもありますが普通に風邪を引いたりインフルエンザにもかかる可能性も充分にあります。

手洗いうがいはもちろん消毒もしっかりして病気にかからないようにしましょう!

 

 

まとめ

と、こんな感じで妊娠したら妻が気をつける事ばかりではなく夫もたくさん気をつけなければいけない事があります。

夫婦生活の中で妻に対してイラっとすることや喧嘩越しになってしまうことはあると思います。

ですが妊娠中の妻の不安や痛みやストレス、苦しみは夫には分からないことの方が多いのです。

ただでさえこのコロナ禍でストレスが溜まってしまう時代でもあります。

夫側も仕事して家事をして大変でストレスを感じてしまうのも、もちろん分かります。

私も夫側ですからねw

(´-ω-`)

しかし妻は今お腹の中で自分たちの子を一生懸命に育てているのですからここは夫が漢を見せるところです!

( 」゚Д゚)」

自分も無理をせず、妻にも無理をさせず、お互いに支えあって、一緒に寄り添って今を乗り越えていくことがこれからの夫婦生活で大切な事です。

(  ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭

 

偉そうなことを書いてしまいましたが私もまだまだ出来ていないことが多いので頑張ります!

世の中の夫側の皆さんも一緒に頑張って行きましょう!

( 」゚Д゚)」

 

スポンサーリンク